QUOカードマニア

QUOカードに魅せられて
※作りかけだからちょっと待て

キャリアカーバーの良い所・悪い所

キャリアカーバー

ヘッドハンティングサービスとしては二社目。運営はリクルート。
老舗のビズリーチのライバルといったところです。
今はマイナーな存在ですが、これから伸ばしていきそうです。

良いところ、悪いところを紹介。

公式HP:キャリアカーバー

良い所1、ヘッドハンターの案件がある

全国多数のヘッドハンターが持つ案件を検索できます。

これはライバルのビズリーチと同じ。
またビズリーチとは違うヘッドハンターが登録していると思うので、独自案件も多いと思います。

できるだけ多くの案件を探している人は、リクルートエージェントなどの一般的な転職サイトと合わせ、
キャリアカーバーやビズリーチなど、ヘッドハンター案件も探せるサイトも登録したい。

良い所2、ヘッドハンティングされる

魅力的な人材はヘッドハンターからオファーが届きます。


ここもビズリーチと同じですが、ヘッドハンターが探している人材であれば声がかかります。
登録は無料なので、とりあえず登録してヘッドハンティングを待ちたい。

職務経歴書はしっかりと記載しましょう。
ビズリーチと違い、採用企業は職務経歴書を見ることができないので、
会社バレする可能性がとても低いのが良いところです。

良い所3、相談も完全無料

ヘッドハンターへの相談は無料です。


ビズリーチはこちらから相談する場合は有料なので、ここはとても良いところ。
ただ、相談できる=素晴らしい、とも言えないので、時と場合によるでしょう。

リクルートのコンサルタントへも相談できるようなので、
ヘッドハンティング以外もいろいろと頼れると思います。

悪い所、できる人専用

ヘッドハンティングされるような人じゃないと、無駄。


ビズリーチは採用企業も直接オファーできるのに対し、
キャリアカーバーは完全にヘッドハンターからのオファーだけです。
そのため、ビズリーチよりもやや敷居が高い。

「キャリアアップをサポートし、今後も付き合いを」というのがコンセプトなので、
本当に優秀な人を待っています。
年収としても750万円が最低レベル。課長以上、技術者なんかじゃないと厳しい。

案件もさほど多くないので、かなり人を選ぶサービスです。

公式HP:キャリアカーバー

<ヘッドハンティングの記事一覧はこちら>
ヘッドハンティングについてあれこれ



QUOカードマニア