QUOカードマニア

QUOカードに魅せられて
※作りかけだからちょっと待て

ヘッドハンティングの断り方あれこれ

ヘッドハンティングは断るのが普通です。
今の仕事で満足している、とても辞められる状況ではない、恩師がいるのに、と。
ヘッドハンターも断られることが前提なので、断るのは悪いことではありません。

ただ、できる限りは上手に断りたい。

1、また声をかけてもらう

ヘッドハンターは断られても付き合いたい

優秀な人材であれば、またいつかの案件で声をかけられるよう関係を保ちます。
そのため、「こいつはダメだ」と思われたら損。
「また会いたい」と思われる断り方をしないといけない。

評価を下げてしまうと、今後のヘッドハンティングの話しが無くなるかもしれない。
「また声をかけてください」そんな関係に持っていこう。

2、ただ、こちらも相手を選ぶ

自分とは合わないヘッドハンターとは縁を切る


あまりにもしつこいとうっとしいものです。
合わない人と付き合う必要はないので、「良好な関係」を築くことはないでしょう。

ただし、「どんな人材だったか?」はヘッドハンティング会社内で情報共有されますので、
あまり変なやつと思われると損。
評価を下げず、優秀なやつと思われる断り方をしたい。

3、相手のことを知っておく

ヘッドハンターの連絡先は知っておきたい。


面談でもすれば名刺を貰えるので良いですが、
電話などの場合は、口頭でも確認しておきたいところです。

もし転職したい気分になった時には相談できますし、
こちらから連絡先を確認することで「転職の意思はある」と思わせることができます。
聞いて悪いことはないので、忘れずに聞いてから断りたい。

あと、大手のヘッドハンティング会社は知っておきましょう。
こちらをヘッドハンティング会社一覧

。。

 

と、この3つは意識しておきましょう




<ヘッドハンティングの記事一覧はこちら>
ヘッドハンティングについてあれこれ



QUOカードマニア