QUOカードマニア

QUOカードに魅せられて
※作りかけだからちょっと待て

ヘッドハンターとの面談での注意点

なんと、ヘッドハンターから声がかかった。
これは、こちらの方が立場が上だ!

・・・と勘違いする人が多いようです。

面談で何を見るのか?

スキルの詳細と人間性を見る。

事前に情報を入手して、おおよそのスキルは把握しているものですが、
細かいところや、本当に合っているかどうかは本人に聞かないとわかりません。
誰もまだ採用するとは言っておらず、あくまでも確認です。

それなのに、立場が上と、上から目線になる人が多いようだ。

ヘッドハンターは企業から依頼されて要望に合う人材を探しているのですが、
いくらスキルが申し分なくても、人間性に難があれば紹介したくありません。
恥ずかしいと思う人間は大事な人に紹介できないものです。

注意点まとめ

特に次の3つに注意しましょう。


1、スキルを正確に伝える
2、礼儀正しい対応で、人間性の良さを感じさせる
3、あまりお金お金言わない

スキルを勘違いされると、いざ企業との面談の時に食い違いになり、時間の無駄になってしまう。
そして、あまりにも欲を出してお金のことを話すと、
企業での面談等で失礼な態度にならないか心配になる。

ヘッドハンターは「ろくでもない人間を連れてきやがって」と思われるのが嫌なのです。
だから、そんな人間だと思われないよう、気を付けて面談をやりましょう。

次:ヘッドハンターとの面談であまり言ってはいけないこと

<ヘッドハンティングの記事一覧はこちら>
ヘッドハンティングについてあれこれ



QUOカードマニア